FPの仕事 貯蓄計画、投資対策、税金対策、保険対策などをまとめてプランニング

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、顧客の資産形成プランを立て、その目標を達成する為に、貯蓄計画、投資対策、税金対策、保険対策などをまとめてプランニングし、その実行を援助していく専門家の事をいいます。

資産形成とは、単純に預貯金などで資産を増やしていくだけではなく、結婚資金や子供の教育費、そしてマイホーム資金や老後の資金など、人生にかかる費用を目的別に把握し、その目的を達成する為の金融商品選びなどを行っていく事であり、また一家の主に万一のことがあった場合の保障額を算出するなどの最悪な事態にも備えます。こうした資産形成プランは、税制改正や株価上昇、社会環境の変化や、夫の退職や子供の独立など、様々な変化によってその都度見直す必要性があります。

ファイナンシャルプランナーとは

FP資格を生かすためには

FP資格習得へ向けた学習法

タックスプランニング

金融資産運用