HOME> 資格の概要

(13)(14)FP技能検定の試験課目と日程

(1)FP資格の主な種類
(2)資格認定団体の概要
(3)FP資格を生かす道
(4)受験者数と合格率
(5)AFPとCFPの概要
(6)資格認定試験の概要
(7)AFP養成研修講座の概要
(8)試験の日程
(9)上級資格取得を目指す
(10)資格審査試験の手続き
(11)継続教育の義務
(12)FP技能士の概要
(13)FP技能検定の試験課目
(14)FP技能検定試験の日程
(15)上級FP技能士を目指す
(16)技能検定試験の受験手続き


(13)FP技能検定の試験課目

 学科試験は1〜3級とも共通の6分野(1、ライフプランニングと資金計画 2、リスク管理 3、金融資産運用 4、タックスプランニング 5、不動産 6、相続・事業承継)から出題され、実技試験では、1級は口頭試問形式、2、3級は記述形式(選択課目方式)で行われます。

<1級実技試験課目>

 資産相談業務として、
1)関連業法との関係および職業上の倫理を踏まえたファイナンシャルプランニング 
2)顧客のニーズおよび問題点の把握 
3)問題解決策の検討・分析 
4)顧客の立場に立った対応 の4分野からの出題です。

<2級実技試験課目>

 個人資産相談業務、中小事業者資産相談業務、生保資産相談業務、損保資産相談業務の4課目の中から選択し、それぞれ1級と同様に1)〜4)の分野から出題され、記述式で解答します。 <3級技術試験課目>  個人資産相談業務、保険顧客資産相談業務の2つの課目から選択し、

1)関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャルプランニング 
2)顧客の問題点を把握 
3)問題の解決策の検討・分析の3つの分野から出題され、記述式で解答します。

(14)FP技能検定試験の日程

 FP技能検定試験は、年に2回(AFP兼2級は年3回)全国各地の会場で実施され、受験申請書に希望の受験地コードを記入すれば、希望の受験会場で試験を受ける事が可能です。受験に必要な書類は(財)金融財政事情研究会ほかより配布されています。

<平成15年度検定試験(金融財政事情研究会主催)の場合>

・受付開始ー7/1(第1回)、11/4(第2回) ・受付期間ー39日間(第1回)、24日間(第2回)
・試験日ー1級=学科基礎篇:150分、学科応用篇:150分、実技試験:半日      

2級=学科試験:120分、実技試験:90分      

3級=学科試験:120分、実技試験:60分 ・合格発表ー11/5(第1回)、3/5(第2回)※予定。1級は除く。       
合否結果は、各主催団体より直接通知されます。


<PR>

FP資格スクール、まずは無料の資料請求

全国各地での講座を数多く紹介。あなたにぴったりの講座で資格が取れます。

 

 

ケイコトマナブのFP資格通信講座、まずは無料の資料請求

近くで受けれるFP講座を探しましょう。資格講座こちらから

FP資格通信講座、まずは無料の資料請求

通信講座でも学べるFP講座はこちらから

このページの上へ