HOME> タックスプランニング

(4)(5)TAXプランニングの概要・最新情報

(1)FPにおけるタックスプランニング
(2)課目の特徴と学習のポイント
(3)学習の流れ
(4)各項目の概要
(5)最新情報の入手方法


(4)各項目の概要

 タックスプランニングの学習ポイントは、どの税金についてもそれが他のどの項目と関わってくるかを考えながら学ぶ事であり、そうすることにより、より一層深く理解する事ができます。また、この課目で学ぶ内容は幅広く、覚えるべき用語も多数あるので、大きく整理して覚えて行きましょう。続いては、各項目について詳しく説明していきます。

◯タックスプランニングの基本

 課目全体の学習の目的、日本の税制体系、実質課税の原則、節税と脱税の違いを学習し、FPとして税務全体にどう取り組むべきかを理解することが重要ポイントです。

◯日本における税制の概要

 法律、税法、施行令、施行規則、通達、税条約などの法体系、国税と地方税、直接税と間接税、申告納税方式と賦課課税方式、租税救済制度など、おのおのの概要について学びます。

◯個人所得に課される税金

・所得税とタックスプランニング

 所得税の特徴と仕組み、種類、損益通算、各種控除の仕組み、税額計算、確定申告、納税方法、青色申告と白色申告、個人事業主とタックスプランニングなど、所得税に関わる詳しい知識を学習します。

・個人住民税、個人事業税(地方税)とタックスプランニング  個人住民税概論(道府県民税と市町村税、所得割と均等割、賦課期日)、住民税の所得控除、住民税額の計算、住民税の納付(特別徴収と普通徴収)、個人事業税の概要を学びます。

◯法人所得に課される税金

・法人税とタックスプランニング

 会社経営についての法律などの基礎知識や税の仕組み、企業会計と課税所得、収支計算の方法、法人税額の計算、申告、納付など、法人の所得にかかわる知識を詳しく学びます。

・法人住民税、法人事業税(地方税)  法人住民税、法人事業税のそれぞれの仕組みと概要を学習します。

◯個人と法人の税金の比較とタックスプランニング

 所得税の累進課税率と法人税の比例税率の違い、法人におけるメリット、デメリット、個人医院と医療法人について学習します。

◯消費税概論

 国税としての消費税、地方消費税の税率、申告および納付の期限などの概要、また納税義務の免除、課税取引、非課税取引、簡易課税などの用語を中心に学びます。

◯不動産にかかる税金とタックスプランニング

 この項目は、不動産運用設計と関連付けながら、不動産取得や保有時の税金、売却時の税金、不動産とタックスプランニングについて学びます。

◯海外の所得と資産にかかる税金とタックスプランニング  海外の源泉所得に対する日本の所得税の仕組みなどを学びます。

◯情報収集

 タックスプランニングと関連する各種情報の入手方法について学びます。  

(5)最新情報の入手方法

 タックスプランニングでは、税制の仕組みを体系的に理解し、さらに毎年必ず改正される各種税制のチェックをしておきましょう。しかし、試験のタイミングによっては旧制度を念頭に置かなければならないときもあるので、注意が必要です。こうした改正情報は、必ず新聞紙上で発表されるので、常に新聞を読む習慣を身に付けておくのが大切です。ただ、細かい内容となるとさらなるリサーチが必要になってくるので、金融や不動産、保険などの各分野に関する雑誌の特集などの、詳しい内容も読んでおきましょう。

一番手っ取り早いのが、国税庁のホームページ (http://www.nta.go.jp/)で、税制改正に関わる最新情報をリアルタイムにチェックすることができ、また各種の報道資料も過去に遡って調べることも出来ます。

また、国税庁のサイトの一つであるタックスアンサー(http://www.taxanser.nta.go.jp/index2.htm)では、日本の税制全般について詳しくそしてわかりやすく解説しています。所得税や法人税などの各科目の詳細、税務手続き、税務相談室の紹介などがあり、FP学習においてもとても役に立つ内容となっています。


<PR>

FP資格スクール、まずは無料の資料請求

全国各地での講座を数多く紹介。あなたにぴったりの講座で資格が取れます。

 

 

ケイコトマナブのFP資格通信講座、まずは無料の資料請求

近くで受けれるFP講座を探しましょう。資格講座こちらから

FP資格通信講座、まずは無料の資料請求

通信講座でも学べるFP講座はこちらから

このページの上へ