HOME> 資格取得への学習法

(4)(5)(6)通学コース・教育機関選択・通信コース

(1)講座選択のポイント
(2)社会人向け環境別学習法
(3)学生、専業主婦向け環境別学習法
(4)通学コースのメリット
(5)教育機関選択のポイント
(6)通信コースのメリット
(7)通信コースのタイプを選ぶ
(8)合格までの学習スケジュール
(9)学習効率アップの方法


(4)通学コースのメリット

 通学コースを開講している教育機関は全国に多数あり、受講スタイルは教室講座とビデオ講座の2つがあります。クラスとしては、学生、主婦を中心とした平日コースのほか、昼間忙しい人のための夜間コースが用意されています。また、講義に出れなかった人のために、録音テープやビデオ講座による補習が受けられる機関もあります。通学コースを選択すると、次のようなメリットを得ることが出来ます。

◯教室講座のメリット

・プロによる効率的なカリキュラムが組まれている。 ・決められた受講日に集中的な学習が出来る。 ・講師との質疑問答により疑問点をその場で解決出来る。 ・受講生同士の交流や情報交換により学習意欲がアップする。 ・最新のFP関連情報が入手しやすい。 ・提案書作成など独学では困難な科目は、講師だけでなく受講生同士で問題解決ができ、心強い。

◯ビデオ講座のメリット

・都合に合わせて学習プランが立てられる。 ・休日に集中的にまとめて試聴出来る。 ・ビデオの巻き戻し、早送り機能を活用して効率良く学習出来る。 ・担当講師のフォローが得られる。 ・最新FP情報が入手出来る。

(5)教育機関選択のポイント

 全国の認定教育機関は、それぞれ内容に違いがあるので、これらについては事前にリサーチして、学習方法に応じた機関を選ぶ事が大切です。また、厚生労働大臣指定の教育訓練施設で学ぶ際、教育訓練給付金制度を利用すれば、受講料、入学金の最大4割相当額(最高20万円)の給付を受けられるので、利用したい人は、受講する教育機関が指定機関であるかどうかを確認しておいてください。この制度は、在職者で、受講開始日に雇用保険の被保険者期間が通算3年以上ある人、退職者で退職後1年以内であり、かつ雇用保険加入機関が3年以上ある人、が利用できます。

それもふまえて、どこで学ぶかは次の様な点から検討し、自分に合った機関を見つけてください。 ◯講師の教え方や講義の雰囲気  無料のガイダンスや聴講制度を利用して、自分の目で確認できます。また、講師の評判やテキストの内容などは、現役受講生から直接聞く手もあります。

◯カリキュラムの種類や講座内容

 案内パンフレットや講義の無料試聴テープなどの資料を集めて、講座の種類、受講スケジュール、講座料などを比較検討することが出来ます。

◯資格取得後のフォロー体制の有無

 FPを行う上で、ノウハウの提供、会員同士の交流などのフォロー体制は、最新情報入手先として重要です。特にステップアップを目指す人には大切です。

(6)通信コースのメリット

 多忙な人や近くに教育機関がない人、または生活時間を効率よく使いたい人には、通信コースがお勧めです。通信コースは教材の種類によって大きく、テキスト通信、カセット・ビデオ通信の2種類に分けられます。こうした自宅学習に加えて、スクーリング制度を設けて、何回か直に講義を受けられる機関もあったり、CD-ROMによる講座、衛生放送講座、インターネットを使用するeラーニングシステムなどもあります。しかし、一人学習が基本なので、いったんさぼってしまうと意欲を失ってしまうので、計画性を持ってコツコツと学習する意志の強さなどの、自己管理が必要と言えるでしょう。その反面、通信コースには多くのメリットもあります。

◯通信コースのメリット

・生活リズムを崩さず、自由に学習プランが立てられる。 ・定期的な提出課題(添削指導)で、自分の学習理解度が確認出来る。 ・質問表などを使って、疑問点を解決出来る。 ・短期集中型の学習が可能である。 ・テープやビデオの場合、反復学習がしやすい。 ・通学コースとは違い、多忙でも休講がない。 ・通学コースより割安。

◯通信コースの学習の流れ

<1>講座申し込み ・講座内容、スケジュールを確認しておく。 ・受験日を決めておく。

<2>教材の入手 ・学習プランを作る。 ・基本教材、問題集、添削問題、質問表を確認する。 ・役立つ補強教材があれば活用する。

<3>学習スタート ・スクーリングがあれば積極的に参加する。 ・質問事項を整理しておく。 ・学習意欲を高める工夫をする。

<4>添削課題の提出 ・課題を提出して自分の理解度を把握する。 ・添削により強化点を確認する。 ・質問表を送り回答を得る。

<5>修了証書


<PR>

FP資格スクール、まずは無料の資料請求

全国各地での講座を数多く紹介。あなたにぴったりの講座で資格が取れます。

 

 

ケイコトマナブのFP資格通信講座、まずは無料の資料請求

近くで受けれるFP講座を探しましょう。資格講座こちらから

FP資格通信講座、まずは無料の資料請求

通信講座でも学べるFP講座はこちらから

このページの上へ